自社の情報発信を目的としたweb制作

社内で運営管理を行うなら更新が容易なシステムで制作する

中小企業であっても自社サイトを持っているのが当たり前になってきている時代ですが、まだ持っておらず、これから作りたいというところも少なくないでしょう。では、会社の情報発信をテーマにしたサイトを作りたいという場合、どういった点を心がければいいのでしょうか。まず、更新のしやすさという観点でweb制作のシステムを選ぶのが大事です。ブログのようなCMSを使えば、管理画面にログインしてフォームに文章を入力するだけで記事の公開が可能であり、難しい知識は不要なのでサイトの管理者が異動になったり、退職しても会社の情報発信を問題なく続けていくことができます。

近年、ITに詳しい人の間で利用が増えている静的サイトジェネレーターのようなシステムで自社サイトの制作を行うと、ITに詳しい人が退職してしまった場合に誰も更新ができなくなる可能性が高まるので、こういった専門的なシステムでの制作は避けた方が無難でしょう。

SEOを踏まえたweb制作を心がける

どのようなコンテンツを発信するのか、web制作に直接携わらない人たちも交えて話し合って決めるのも大事です。近年、ネットでの情報発信で炎上するパターンとして、会社が特定の人だけに情報発信ツールの運営管理を任せてしまった結果、その人物が暴走して、失言するというものが増えています。社内のコンセンサスを得た情報しか出さないようにすれば、こうしたトラブルは防げます。また、web制作およびサイトの運営管理をweb制作会社のような第三者に任せるのもひとつの手です。

社名で検索された場合、自社のサイトが検索結果のトップに表示されるよう、SEOをしっかりと行うことも大事といえます。扱っている商品のジャンル名で検索されたときにも検索結果の上位に表示されるのが理想ですが、金融や美容などライバルの同業他社が多いとなかなか短期間では難しいです。質の高い情報発信を継続的に行い、サイトの価値を高めていくようにしましょう。